記事が書けない時の改善方法、その①自身のカベを壊す

応援、ありがとうございます。 励みになります⇒


「パパーできないよ(>_<)」
「大丈夫、Kならできるよ」
「ううん?できないよーーーー(>_<)」

3歳の娘が、幼児雑誌のフロクで遊んでいて
懸命にプラスチックのサンドイッチを作っている

最後の所で穴に紙を差し込めば完成なのですが
3歳児にはすこし難しいようで、なかなか差し込めない

IMG_3734

「パパやってー」と娘が言うので
とりあえず、やって見せてみた・・・

でも、またすぐに外れてしまい、「パパとれたー」と
もう一度差し込んで欲しいと、私の前に持って来たのである

実は娘Kは最初に私の所にそのフロクを持ってくる前に
3回ぐらい自分で穴に紙を差し込もうと挑戦をしていた。

でも、うまく差し込めなかったので、一度私にやってもらって
出来上がったので、今回も自分には出来ないと思い
また、私の所に持って来たのである。

私は娘Kが最近、上手にハサミを使ったり絵を描いたり
折り紙を折ったりしていた事を知っていたので

「もう一回、自分でやってみな(^^♪」言うと
娘は、前に出来なかった事が頭をよぎったのか
「パパできないよー」と言ったのでした

「もう一回、やってみな(^^♪」ともう一度言うと
「ううん、出来ないようー」と返事があったが
少し見守る事にして、手助けをせずに待ってみた。

しぶしぶ、もう一度娘Kが、挑戦してみたら、
意外とカンタンに「成功」して、大喜びでしたヽ(^o^)丿

これは、娘Kが最初に3回挑戦して、出来なかったので
自分でかってに出来ないってカベを作ったのでしょうね
カンタンに出来る事だったのに・・・という事でしょう

サーカスの象の話を聞いた事があります。
サーカスの象は子供の頃にハズセナイ足かせを付けられます
小象は、懸命に足かせをハズソウと何度も挑戦するのですが

小象なのでハズセナイのですね、そしていつしか諦めます
そして・・・この象が大きくなって、
カンタンに足かせをハズセル事が出来るようになっても

小象の頃のハズセナイという経験が脳に働いて
足かせを付けると逃げようともしなくなるといいます。

アフィリエイトで稼げない理由の一つに
記事が書けないって事があります。

この記事が書けないにも理由があると思うのですが
副業でアフィリをしているなら、時間がなかなか作れない
という事もありますね。

また、記事の内容に対する知識がないという場合
そして、知識はあるのだが・・・なぜか書けない。

「えーーーーーと、何を書こう(>_<)」

と毎日悩みだすのですね
この状態になりますと、非常に危険信号だと思うのです。
どうしてかといいますと・・・?

ブログの更新が、苦痛になってくるからです。
楽しく作業が進まなくなってしまいますので
記事作成の作業が義務のようになるので、
イヤになってくるのですね。

また、このようになりますとイヤイヤ書いていますので
記事もそのような文章になって、読んで下さるユーザーさんに
見抜かれてしまいますから・・・
商品が売れる事はないですね。

そんな時は、負のアリ地獄にハマってしまっています。

では、このような記事の書けない時に
どうやって抜け出せばよいか、
私アリエ流の方法を紹介させて頂きます。

おそらく、あなたが今、記事が書けないのは
アフィリエイトってモノが何かって
すこしづつ、解ってきだした証拠だと思うのですね

ですから、焦らずに前向きに取り組めば
また、スラスラ書けるようになりますので大丈夫です
では、順に説明していきますね。

あなたが自分でかってに作ったカベを壊す。

これは、他の人のブログやメルマガを見たりしますと
自分にないものが書かれてあって、知らず知らずのうちに
コンテンツ作成へのハードルが高くなってしまうのですね

ですから、自分の記事が「恥ずかしい」とか
「もっといい記事を書こう」とか考えてしまって
手が止まってしまう事なのです。

ここで、少し考えて頂きたいのですが
あなたのブログやメルマガを読んでくれる人は
あなたより先輩なのでしょうか?

私アリエが思うに、あなたの記事に限らず
私の記事であっても、読んでくださるユーザーさんは
おそらく、書かれている事に対して詳しくないと思うのです。

つまり、あなたの方が書いている記事に対しては
先輩になりますので、恥ずかしくもないですし
いい記事になるって事なのです。

これは、実際に自分に当てはめてみると解るのですが
他の人のブログなどを観覧したときに、
読んでしまう記事と、ななめ読みや読まないの記事ってありますね。

読んでしまう記事に対しては、
最初の見出しの部分で直感的に
これは、「自分にとって必要だ」と思うのですね

そして、ななめ読みや読まない記事って
「自分には、必要のない記事」って
これまた直感的に思うのです。

あなたが、他の人の記事を読む場合はどうですか?

すべての記事をスミからスミまで読んでいますか?
おそらく読んでいないと思うのです。

ですから、あなたがこれから書く記事は
その記事が必要な人しか読んでくれないって事です

あなたより先輩の成長度が高い人は、読みません(゜o゜)

ですから、恥ずかしい事は無いですし
読んでくれる人に対しては良い記事になるのです。

だから、記事を書く事にビビル必要など無いという事です

「アフィリエイトとは・・・」とか「SEOとは・・・」とか
「おすすめのASP」とか、そのようなベタな記事でも
その記事が必要な人しか読みませんので、
気持ちよく、解りやすく書いてあげてくださいね(^^♪

人は、サーカスの象のように
自分でかってに足かせ(カベ)を作ってしまう傾向がありますが

乗り越えてみると、以外と小さな事なのかも解りませんね

楽しくコンテンツ記事を書いて報酬がえられたら
また、楽しく作業が進みますね。

それでは今日はこのへんで・・・(^^♪

応援、ありがとうございます。 励みになります⇒



お気軽に何でも聞いて下さい。

本日の記事への質問やサイト内の情報、商品の質問等ありましたら
お気軽にお問い合わせ下さい。
質問自体が解らなければ、近況の話でもいいです。
教授のアリエが全力でお応えいたします。


基本、平日でしたら24時間以内に返信させていただきます。
※日曜、祭日の場合は、平日になってからの24時間以内に返信いたします

もし、返信がない場合は、メールの不具合かもわかりませんので
誠に申し訳ございませんが、別のメールアドレスで再度送信をお願いいたします。 toiawase

コメントは承認制です。

誠に申し訳ございませんが
このサイトへのコメントは初回承認制とさせて頂いています。
初めてのコメント投稿の場合、掲載までしばらくお待ち下さい。

なお、スパムと判断されるコメントや
他者をおとしめるコメントなど、
非人道的なコメントは、管理者権限として
削除させて頂きますのでご理解下さい。


2 Responses to “記事が書けない時の改善方法、その①自身のカベを壊す”

  1. akissa より:

    アリエさん、こんばんは!

    akissaと申します。

    自分はまだまだ記事を書くのに時間がかかります。笑

    これからは、この記事を読んでずいぶん前向きに
    取り組めそうです!

    ありがとうございます。

    応援ポチっと♪

    また遊びにきますね!

    • アリエ(Arie) より:

      akissa様
      コメントと応援ポチありがとうございます
      記事を書く事って、楽しいと思えるまでが
      大変ですね。

      私もボチボチと焦らずに書いています。
      また、こちらからもオジャマ致しますね。

コメントを残す

サブコンテンツ



このページの先頭へ