読み手が気にもとめずに、見た瞬間にスルーしてしまうコピーとは・・・

応援、ありがとうございます。 励みになります⇒


「あの人がしているのでしたら、私もしましょうか?」とか
「みなさん言っていますので、あなたもどうですか?」など
日本人の特徴に同じ事をする習性がありますね(;´Д`)

 

sd071j-kurabe2

少し昔に流行りました女子高生のルーズソックスを
思い浮かべてしまいます。当時の女子高生はみなさん履く事が
当たり前かのようでしたね、逆に履いていないと恥ずかしいみたいな
イメージがあったかもわかりません。

モノマネ大好きな人って、あなたの周りにもいませんか
私の友人は、初対面の人に、まずモノマネで笑いをとって
コミュニケーションを取りやすくしたりしています。

今日は、このモノマネについて少しお話ししてみたいと思う
どのような職業やスポーツでも、最初はモノマネから入りますね

教える側からすると「やって見せる」教わる側からですと
「まねてみる」
最初はこの繰り返しで、徐々に上達して
独自の世界を作り出すって感じですね。

例えば・・・
野球の場合、バットの振り方にしてもそうだと思うのですが
教える側が振って見せて、教わる側がその振り方をマネて
何度も振って自分の体に落とし込む

アフィリエイトについても同じでして、
まずは、上級者のものまねでサイトなどを作成してみる
教材などを購入しているのであれば、自分の体に落とし込むまで
教材通りに、モノマネをしてみる事が必要です。

基礎の部分というのでしょうか、ヤミクモにアフィリバナーを
張ってもおそらく報酬は上がらないですからね。

しかし、最近感じた部分があるのですが、オリジナリティを出すとか
差別化をするとか、モノマネの殻を破るとでも言いますか

モノマネのままでは、報酬も伸びないですね
そして、今日の本題なのですがウェブ上で
アフィリエイターが特にモノマネをしてはいけないのが
巷の広告ではないでしょうか?

どうしてかと言いますと、
あなたは一日にどのくらいの広告を目にしますか?

朝起きてテレビを見ればすぐCMが流れていますね
新聞を読めば下の方に広告があります。

車や電車で職場に向かう時にも、電車なら広告が吊ってありますし
車で走っていれば必ず大きな看板が目に飛び込んできます。
パソコンを開いて見ましてもバナー広告がいっぱいですね。

つまり、普通一般人は広告を見飽きているのです

あなたは広告が見たいと思いますか?
私は完全にスルーしています。
自分に関係がないと感じると直感的に見なくなるのですね

つまり、見た瞬間にスルーしてしまうのです。

もちろん、毎日のように目に飛び込んできますので
脳のカタスミにすりこまれて、記憶にはのこりますけど・・・

アフィリエイトの場合、イメージを読み手の脳にすり込んで
商品を覚えて頂いても、あなたの紹介記事からクリックして
頂かないと、イメージを与えただけになってしまいますね

そのあとで、購入を考えたユーザーが別の人のアフィリリンクから
商品を購入してしまうかも解りません(;´Д`)

それともう一つ、テレビや看板など広告はイメージを
ユーザーの頭の中に入れ込む為のコピーが書かれてあったりしますので

あなたが、アフィリエイトで同じ商品を広告のように書いたとしても
読み手からすれば、いつも見ているような感じですのでクリックまで
アクションを起こしてもらえないのです。

では、どのようなライティングをすればあなたの媒体を
読み手に興味をもって見てもらえるのでしょう。

コピーライティング的な事から言いますと、読み手の
メリットになる部分を強調していくとか、
見出しの部分にギャップをつけるなどがあります。

また、お金や努力そして時間に言及したり
美とか欲とか・・・などの読み手が反応する言葉を入れる
という方法もあります。

しかし、今日お話ししたいのは、インターネット上で
あなたの書いた文章を読み手に読んで頂くという事
スルーされない記事やタイトルの書き方ですので

その部分で言いますと、広告のようなイメージではなく
読み手に手紙を書いているイメージで書くという事が重要になります。

広告(イメージ)ではなく手紙(記事)風に書くという事です。

先日、読み手をブログ記事に引き込む4つのポイントとは(読まない壁を破る)
という記事を書いたのですが、まずタイトルの部分もそうなのです

 

例えば・・・同じダイエット器具のアフィリだとして

×・・・ あのビリー隊長も絶賛する
史上最強のダイエットマシン「○○○」絶賛発売中

×・・・ これであなたも超スリムボディ
私、イチオシのダイエットマシン「○○○」、今ならキャンペーン価格

○・・・ 額からしたたり落ちる大量の汗
硬くそしてやわらかい筋肉を作り出すダイエット器具の正体とは

○・・・ 見違えるほどに引き締まったウエスト
毎日、鏡を見る事が楽しくてたまらいダイエット器具の3つの秘密とは

 

このように、読み手に状況をイメージして頂けるような
記事風のタイトルにすれば普段見かけない広告文ではないので
とりあえずのスルーが少なくなるのですね。

商品の売主が書く広告は、お客様にイメージを与えて
必要な時の選択肢の中にその商品を増やして頂く為の広告ですので
販売主様からしますと、良い広告なのです。

しかし、私たちアフィリエイターはインターネットの
数ある広告の中で、読み手にその文章を読んで頂き
参考にして頂いてアフィリリンクをクリックして頂くという
アクションを起こして頂かないといけません

自分の商品ではなく他人が作った商品を
紹介しただけで収益が上がるのですから
このように記事が読み手に参考にして頂く事を書く事は
当然のお仕事なのです。

少し、話がそれましたが思い返してみて下さい
広告バナーサイドバーなどにペタペタ張っている
サイトをあなたはスルーしていませんか?

その時、あなたは広告を見たいのではなく
自分にあった情報が知りたいのですね
ですので、手紙(記事風)に書いた文章には目が留まるのです。

今日お伝えしたかった事は、読み手にスルーされない方法
タイトルや記事の書き方で、広告のモノマネをしないという事です。

しっかりイメージ出来るように誠実で、好きな人に手紙を書くように
タイトルや記事を書いていけば自然に報酬は上がるのですね(^^♪
本日の記事で参考にした書籍はサイドバーにある。

私が感銘した書籍ランキング1位のウェブセールスコピーの法則です。
ウェブセールスコピーの法則はこちら

 

追伸
最近は、ルーズソックスを見なくなりましたが
相変わらず女子高生のスカートは短いですね

3歳の娘がいる私的には彼女が高校生になった時、
スカートの短すぎないのが流行りの時代になってくれればと
意味不明な事を心配しています。

それでは今日はこの辺で・・・(^^♪

応援、ありがとうございます。 励みになります⇒



お気軽に何でも聞いて下さい。

本日の記事への質問やサイト内の情報、商品の質問等ありましたら
お気軽にお問い合わせ下さい。
質問自体が解らなければ、近況の話でもいいです。
教授のアリエが全力でお応えいたします。


基本、平日でしたら24時間以内に返信させていただきます。
※日曜、祭日の場合は、平日になってからの24時間以内に返信いたします

もし、返信がない場合は、メールの不具合かもわかりませんので
誠に申し訳ございませんが、別のメールアドレスで再度送信をお願いいたします。 toiawase

コメントは承認制です。

誠に申し訳ございませんが
このサイトへのコメントは初回承認制とさせて頂いています。
初めてのコメント投稿の場合、掲載までしばらくお待ち下さい。

なお、スパムと判断されるコメントや
他者をおとしめるコメントなど、
非人道的なコメントは、管理者権限として
削除させて頂きますのでご理解下さい。


4 Responses to “読み手が気にもとめずに、見た瞬間にスルーしてしまうコピーとは・・・”

  1. みさわ より:

    こんにちは、みさわです。

    読み手に対して手紙を贈るような感じで文章を書くということ、改めて再認識させられました。

    確かにサイドバナーにベタベタ貼っている広告はスルーしてしまいますね。

    イメージを与えられるようなタイトル作りを僕も意識しなければと思いました。

    応援クリック完了です。

    また訪問させていただきます(^^ゞ

    • アリエ(Arie) より:

      みさわ様
      コメントと応援ポチありがとうございます

      文章を書いたりタイトルを考えるのは難しいですね
      でも、うまく書けたりするととても楽しいです。

      今度はこちらからも訪問させて頂きます。

  2. カネヤン より:

    こんにちは。

    何かオリジナリティを出すとか
    他にはない企画を打ち出すとか
    ちょっとした工夫が勝敗の分かれ目に
    なりそうですね。

    たくさんの人がやっているから自分も、
    ではなく、他とは違ったことを取り入れて
    みるだけでも違ってくるんだと思います。

    ランキング応援させて頂きます。

    • アリエ(Arie) より:

      カネヤン様
      コメントと応援ありがとうございます

      アイデアを出す事って難しく思いますね
      私も日々勉強で頑張ってみます。

      また、そちらのブログにもお邪魔致しますね(^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ



このページの先頭へ